« 四万十川。。 | トップページ | 酔い・・・・・^^。 »

2013年7月25日 (木)

これも又、四万十川の風物詩・・・^^。

四万十川の沈下橋は、よっく知られた風物詩じゃけんど!!
川漁師のおんちゃんらが操る木船も又、この川の風物詩でもあるがぜよっimpact

 

11

 

21
川面に浮かぶ木舟を眺めちゅうと・・・・・
・・・・時の移ろいちゅうもんを感じますのぉ~~~~・・・・だはは~~confidentsign01

 

17

んまい頃に、この木舟を作る職人に憧れたもんですが・・・・・・
・・・時が経ったら・・・・・・・四万十川を忘れて、大都会で車を商って居りましたcarrvcarbusshine
巡り、巡って四万十川畔の山里へ!!!

いやぁ~~~まっこと!故郷の四万十川は好きじゃきにhappy01

 

20
しっかし!
ずぼらで呑兵衛なこの俺がカメラ担いで故郷の画を撮っちゅうとは
・・・・・自分でも未だに信じられんがよっcryingsweat01

 

15

ナンじゃカンじゃと云うたけんど
今宵は四万十川の風物詩木舟を眺めて・・・・・・
よっく冷えた発泡酒beerを呑みまする~~~~    めった。。

|

« 四万十川。。 | トップページ | 酔い・・・・・^^。 »

清流四万十川」カテゴリの記事

コメント

懐かしい舟です。
小学生の頃まで、那珂川を渡し舟が有りました。
毎年のように位置が変わって居ました。
大雨に依り、流れが変わって居たんです。
岩に隠れて良い処に、止めて有りますね。

以前は都会に居たんですか?
やはり生まれ故郷は良いですよね。

投稿: ななごう | 2013年7月26日 (金) 03時12分

ななごうさんへ
沈下橋の無い頃は木舟の渡し場があちこちにあったがよっ!
女船頭も居ったちゃーcoldsweats01
吾の住む集落にも2艘の木舟がありました。

はい~~~花の都は神奈川と大阪に23年間暮したがねsmile
父親の入院をきっかけに帰郷。
その父親が亡くなって10年・・・・地域の人々に助けられてやっとこ生きちょるがよっhappy01sweat01

投稿: 山師 | 2013年7月26日 (金) 05時16分

山師さん今日は、
故郷に対する思いの深さ、察するに余りあるものはあります。
四万十のこの風景は懐かしき故郷に接する思いです。
夏バテせんように。(*^-^)

投稿: ヤッコ | 2013年7月26日 (金) 07時30分

徳島では、かんどり舟と呼ばれていて那賀川や吉野川では見られます
海部川は、こういう舟を操れるゆっくりとした流れがない

川で日本酒を冷やしておくと、ちょうどいいくらいの温度になります
つまみは、いっしょに胡瓜を冷やしておくといい
でも、しばらく車が運転できなくなる

投稿: 和三郎 | 2013年7月26日 (金) 08時58分

ヤッコさんへ
こじゃんと、好きながよっ四万十川がcoldsweats01
・・・風情がちょっとずつ無くなって行くのは寂しいけんど
わが故郷に自慢出来る物と云やぁー四万十川しかないがよっ!?

今夜は特に酔いましたきに
もう寝るねッbeerbottlesleepy  おおきに~~~~ヤッコさんsmile

投稿: 山師 | 2013年7月26日 (金) 21時46分

和三郎さんへ
そうながよねぇ!
呑んだら乗るなrvcarちゅう事じゃが!
帰郷した頃にゃ幼馴染と沈下橋の下に潜りこんで酒盛りをやっては・・・・・
・・・朝帰りです!    楽しかったのぉ~~~~beerbottlegood

四万十川で遊んだ後の冷酒はまっこと!  旨いぜよっsmile

投稿: 山師 | 2013年7月26日 (金) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1023200/52603160

この記事へのトラックバック一覧です: これも又、四万十川の風物詩・・・^^。:

« 四万十川。。 | トップページ | 酔い・・・・・^^。 »