« 夕暮れ・・・。 | トップページ | 志和の港へ・・・。 »

2012年9月 3日 (月)

沈下橋へ・・・。

時折り降ってくる雨を避けてチョッと沈下橋へ!

25_2

102・1mとはのぅ!!
2~300m上流に「一斗表」の沈下橋が架かっちゅうがよっ。

37

あいたたッ!
先客が居るし、しかもアベックかねtoilet

38
これじゃ~~~橋は渡れんがよっ!・・・・・・めったcryingsweat01
しょうがないのぅ。
上流に観えちょる大橋から回って行かにゃーcamerarun

53
河原の葦が伸び放題!
・・・・ちくと景観が害われちょって残念じゃ~~~~annoy

55

夏草が生えちょる校庭!
少数の生徒らですが現役の「米奥小学校」school

56
金網越しに沈下橋を眺めて・・・・・・暫く佇むけんど
子供らの声は一向に聴こえては来んcatfacesweat01
聴こえるのはミンミン蝉じゃの~~~~~・・・・はぁ~~wobblysign01

40

葦をかき分けて沈下橋の下へ・・・・

42

47

夏休みも終わると・・・・・
以前の静けさに逆戻りです!・・・・・ちくと寂しいねぇsign03

22

別嬪さんの登場で・・・・・・・・・・・・
ちょっとは華が咲いたかなッcoldsweats01good

|

« 夕暮れ・・・。 | トップページ | 志和の港へ・・・。 »

沈下橋」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、先客にはやられましたね。笑い
小学校の校庭が変になつかしいです。志和の小中学校に一年だけ通い大阪にきましたけど、
いまでは廃校になってるみたいです。
今度、土佐に行く機会があれば沈下橋を見てみたいものです。
山師さんのページを知って本当によかったです。
仕事も内勤ですので、仕事中もちょこちょこのぞいてます。
もうすでに息子とお風呂も入って芋焼酎を呑んでます。また楽しみにしてます。

投稿: やました | 2012年9月 3日 (月) 18時48分

やましたさんへ
いやぁ~~恐縮です!・・・・・おおきに~~happy01paper
大阪は吾も20年ちょっと住んじょったぜよっ!
尼崎、都島、守口と若い頃は、こじゃんと遊んだけんど仕事も気張ったもんですsmilesweat01
家族を大切にして頑張ってつかぁさいよ~~~~。。

さてちくと志和峰を超えて海辺に下りてみますcamerarvcardash

投稿: 山師 | 2012年9月 4日 (火) 13時50分

こんにちは。
沈下橋がこんなに高さがあるとは知りませんでした。
そうすると、大水の時はこの橋が隠れてしまうわけですよね・・?
自然の力というか水の勢いはすごいね。

投稿: yasu | 2012年9月 4日 (火) 15時49分

yasuさんへ
大水のたんびに水没してしまうがよっ!
流木など掛からんように欄干もないがね。
先人らの知恵が作った沈下橋・・・・地域の住民らの宝物じゃったに違いないimpactsign01
この清水沈下橋は現在使われていませんが。
上流、下流に行くとまだまだ現役の沈下橋が行き交う人々の心を和ませちゅうぜよっhappy01good

投稿: 山師 | 2012年9月 4日 (火) 17時15分

今晩は、尼崎にも居てたんですね。私は福島区に住んでます。
今日は志和に行かれたのですか?志和になごみという喫茶店があるみたいです。
また一度行かれてみてはいかがですか。
もうこの時間は子供と風呂も入ってさっぱりして呑んでますけど、山師さんは結構遅い時間に
呑まれるですか?
いつもおもいますが、土佐弁はいつきいてもこころなごみます。
こじゃんと、嬉しいぜよ。こんなかんじでいいでしょうか。

投稿: やました | 2012年9月 4日 (火) 19時16分

やましたさんへ
何年か前のJR福知山線の脱線事故の直ぐ側で暮らしちょったぜよっtraintrainsweat01
・・・・悲惨な事故じゃったよねぇ!

今日の午後志和へ下りちょったがよっ。
ちくと曇り空で、こじゃんと暑かったがねsweat01
今からUPしようかと・・・・・あいたたッ!・・・もう寝ちょるよねぇnightsleepy
吾は呑兵衛ですきに、ひとり酒はゆっくり味わっちょります!・・・・はいbottle

そうそう土佐弁は巧いもんじゃの~~~~
土佐弁に乾杯ぜよっhappy01beernote

投稿: 山師 | 2012年9月 4日 (火) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1023200/46936761

この記事へのトラックバック一覧です: 沈下橋へ・・・。:

« 夕暮れ・・・。 | トップページ | 志和の港へ・・・。 »