2019年2月27日 (水)

福寿草が咲いた^^。


春先の様な気候に・・・・・遅咲きじゃった我が家の福寿草!

Dscf3492


Dscf3498
                 今年はチックと早いがよね!

Dscf3494_2

一時期には増えてきちょった福寿草!
・・・・数年前から減り始めて現在は7~8輪
庭の花々が消えて行くのは忍びない・・・花が終わったら手入れをするとしょうかのっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月24日 (日)

画廊喫茶「山ぶどう」^^。

昨日23日の事です!
画廊喫茶「山ぶどう」で「日本の名峰」山岳写真展が開催されちゅうと知り出掛けちょった。

Dsc_0013

Dsc_0014
南国市緑ヶ丘3丁目にある画廊喫茶「山ぶどう」

Dsc_0015


Dsc_0008

雪山に「雷鳥」の画で迎えてくれた^^。
・・・・・・そして店内を見渡すと・・・・数点の山岳写真でチックと驚いた

Dsc_0001

Dsc_0011


Dsc_0005

春夏秋冬、時季折々のアルプスであったり!

Dsc_0009

Dsc_0012


Dsc_0016

高山植物や雷鳥・・・・・どれもナイスショット!の画ばかり
・・・・アルプスと云える山には一度も登った事のない吾には衝撃の画じゃって
羨ましくも腹立たしい気分じゃった・・・・がこじゃんと!癒されました

Dsc_0018
又、この店の御主人が気さくで旨い珈琲を淹れてもてなしてくれた
山岳写真を掲載する迄のエピソードや馴れ合いも笑いながら語ってくれました!
    まっこと!おおきに~~^^。

追記
撮影者の山岳ガイド石川さん・・・・は吾の一つ上の幼馴染で家も近所で
姿もチョッと似ちょった様でちょくちょく間違われた事もあった!
毎年頂く年賀状にも・・・・・・筆不精の吾は返信した事さえ覚えてない
でも写真愛好家同士・・・どっかで相通じる物が有ると思うし
・・・・もっともっと上を目指して好い画を残して欲しいと吾は想うがよね^^。
仕事が忙しくて逢う事は叶わんかったのは残念でしたが
何時の日かこの店で珈琲を呑みながらアルプスの話しを聴いてみたいのぉ~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月21日 (木)

桑田山の雪割桜^^。


須崎市の桑田山に着いたのはAM7:50分頃やった!!
さっそく「雪割桜」を眺めながら急で狭い道を上えと上る・・・・・・
・・・・ほう~~早々と咲いたのぉ~~^^。

Dsc_0066


Dsc_0009

Dsc_0061

桜並木の中を抜けてどんどん上に

Dsc_0011

Dsc_0015
満開とまではいかんけんど5分咲き6分咲きか!!!
朝陽に照らされて・・・・・・・好い景観じゃった^^。

Dsc_0052

Dsc_0043

狭い道路の隅っこに、こんまい「良心市」があって
どれも一袋¥100円で消費税なし・・・・・・・三品買っても¥1000円で御釣りがある!
吾もデコポンを一袋買ぅた

Dsc_0055
                 途中で介護タクシーとすれ違う!

Dsc_0028

どの花びらも↓を向いちゅうし、薄い桃色にチックと癒された^^。

Dsc_0067

Dsc_0029


Dsc_0078

Dsc_0057

例年より10日も15日も早い「雪割桜」
3月の始めの頃・・・・・聞いちょったけんど日にちは忘れた
地元の高校生らがキャンドルを立てて桜並木を照らすイベントが行われるそうな^^。
日にちを確かめて・・・・訪れたいもんじゃのぉ~~~

いやぁ~~!  今回は長々と書いてしまいましたのぅ   >

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月18日 (月)

おっとっと~~^^。


チョッと愛媛の山間をドライブ中の時じゃった
・・・・ちくと立ち寄ったドライブインで・・・おっとっと~~~

Dscf3459

吾の憧れじゃったバイクがそれも二台駐車中……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ
・・・・吾と同年代のオジサンが二人春を探しにドライブ中じゃった!!!

Dscf3457

Dscf3458

色こそ違うけんど・・・・同じバイクで1800cc!
そんだけ好きなバイクじゃったら試乗してエエよ・・・・って云うてくれたけんど
・・・・試乗させてもらう勇気は出らざった
小一時間おじさん等3人でよもやま話に花が咲いて嬉しかったのぉー^^。

Dscf3460
ピカピカに磨かれたエンジン部
燃料タンクに「ハーレーダビットソン」のエンブレム!!!
・・・・・しっかし!憧れのハーレーは高価過ぎて    とほほ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2019年2月14日 (木)

東宿毛駅!


この駅は高架で無人駅ですが!
・・・好い愛称が付いてました^^・

Dsc_0123

愛称の由来が書かれちょった

Dsc_0108
土佐くろしお鉄道、宿毛線の駅です。
・・・・PM15時前の汽車をホームで待っちょたらカラフルにペイントされた車両が
四万十市の方から到着!

Dsc_0109


Dsc_0110

Dsc_0113

Dsc_0115

宿毛駅に向かって出て行く車両を見送りながら
・・・・・ビデオ撮りでもしょうかと思うたけんど
後姿だけじゃー面白ろうないと・・・・・思うた

Dsc_0117
                 高架の駅ばぁあって左手に肱川が見え大月町に渡る大橋
                  宿毛市内も見渡せるエエ駅じゃのぉー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月13日 (水)

勝間の沈下橋^^。


小春日和の様な陽気で好い気分~~
・・・・沈下橋巡りも今回でチョッとお休みしますぜっ!!

Dsc_0077

雪国の方々にゃ申し訳ないほどの好い天気
・・・・暖かいのぉーー^^。
ただ!誰~~れも居らんちゅうのがちっくと寂しいぜよっ

Dsc_0079_2

Dsc_0078

河原に腰を下ろいて一服二服^^。
・・・・さあ~て宿毛の街へ出てみるか

Dsc_0088
                勝間の沈下橋界隈はもう春の装いかも知れんのぅ
                 あちこちから梅の花便りも聴こえて来ゅうきのぉ~~~^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月12日 (火)

口屋内の沈下橋^^。


四万十市から車で30分程四万十川を上流に行くと黒尊地区に渡る大橋が見えて来る!

Dsc_0048

大橋の上から四万十川の下流を見ると・・・・・
・・・・キラキラと輝く四万十川が遠くまで一望出来た^^。

Dsc_0053
                   そして上流へ目をやると・・・口屋内の沈下橋!
                    国道からは見落としがちな沈下橋かな!?

Dsc_0060


Dsc_0068
              昭和30年に作られた沈下橋は至る所が破損しちょって
               現在も修復が進められちょった!!

Dsc_0074

枯草の中で小鳥がしきりに鳴いちょった・・・けんど
・・・・いっこうに姿を見せず・・・・・諦めて勝間の沈下橋へ向かう事に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

哀れじゃのぅ!!


ルート441号を四万十市へ
・・・途中「西土佐」で車を止めた・・・・・これはナンかのっ!?

Dsc_0016

四万十川を左に見て下って行くと!

Dsc_0020

Dsc_0019

切り立った崖が見えて来るこの崖の下を「君が淵」と云うそうな!
・・・・・可哀想な物語がこの地区に残っちゅうと

Dsc_0021_2

Dsc_0023_2

大きな「せんだんの木」がたっちょって・・・・・・・・・・・・

Dsc_0024_2
              せんだんの木の側に崖を登るこんまい石段があった
               チョッと登ると地域で祭った祠があった。
                手を合わす吾の影が神段に映っちょった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 9日 (土)

上岡沈下橋^^。


ネコヤナギはこんまい、まんまじゃったが沈下橋へ来てみた
四万十町、「上岡沈下橋」

Dsc_0005

時雨の合間に青雲も観えた^^。
関東の方じゃ大雪注意報・・・・・雪でも降れと思うけんどどうじゃろのぅ

Dsc_0010

Dsc_0011

雨の少ないこの時季じゃが・・・・この冬は特に降らんがよね!!!!
四万十川は河原ばかり沈下橋も川面にゃ映らんぜよねぇ

Dsc_0015
                  数少ない現役の沈下橋
                   ネコヤナギが満開の頃に又来よう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 8日 (金)

芳生野「津野町」


Dsc_0140

芳生野(よしゅうの)津野町
時雨の降る山里「芳生野」の集落・・・・・吾の好きな山里です

Dsc_0143
                     早瀬の一本橋!
                   沈下橋の原型と云われる板橋。
                    この板橋も好きじゃきに~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«山里のバス停^^。